禁煙するなら今でしょ

喫煙の仕方

病院(禁煙外来)に行く

最近では病院で禁煙を治療してもらえるようになりました。
しかも2006年以降一定の条件はあるものの、健康保険が使えます。
つまり比較的安価で、医師による的確な禁煙治療を受けることができるのです。

治療は通常次のようなステップで行われます。

1)ニコチン依存症のチェック
2)一酸化炭素濃度のチェック
3)禁煙開始日を決め、禁煙宣言書にサイン
4)禁煙経験の確認や医師からのアドバイス
5)禁煙補助薬の洗濯

医療機関にもよりますが、たいていこのような流れで行われます。
禁煙治療の費用は自己負担3割として、処方される薬にもよりますが2~3か月で13,000円~20,000円程度となります。
1日1箱喫煙する人であれば、タバコ代よりもずっと安く禁煙ができるわけです。
これを利用しない手はないでしょう。現在のところ、個人差はあるものの禁煙外来における禁煙治療が一番効果的と思われます。

禁煙外来

大切な人のために

タバコを吸っても即病気になるわけではないため、「早死にするよ」と他人に言われてもなかなかピンと来ないものです。
それでついつい分かっちゃいるけどやめられない、そんな方も多いのではないでしょうか?
自分はもし早死にしても自己責任で仕方ないですが、もし自分の喫煙が原因で大切な人が病気になったり早死にしたりするとしたら・・・
実際に副流煙を吸った人は、喫煙している本人以上に健康を害する危険があります。
しかもそれが幼い子だったりしたら、その子の将来に大きくかかわってくるのです。

また家や車、自分自身からタバコのニオイが絶えずするために家族や周りの人がいつも嫌な思いをしているかもしれません。

自分のことばかりではなく、周りの特に大切な人のことをよく考えてみましょう。
その人たちは本当にあなたの喫煙を望んでいますか?

煙草はやめて!

たばこはダメ!

忘れないでください

喫煙は犯罪ではありませんが、犯罪級の害をもたらします。違法行為ではありませんが、確実に自分や周りの人の寿命を縮めます。

禁煙しましょう

あなたの肺はきれいですか?

あなたの肺はきれいですか?