禁煙するなら今でしょ

今こそ禁煙しましょう

「百害あって一利なし」喫煙に関してまさにこの言葉がぴったり当てはまるのではないでしょうか?

確かに昭和の時代は多くの人が喫煙をしていました。
テレビや映画を見れば、シブい二枚目俳優がさまざまな場面でタバコをふかしていましたし、一般の人もそれを当たり前に感じていました。
男性だけでなく、女性もバッチリキメてカクテルを飲みながらタバコを吸う、これがまるでステイタスのようになっていました。
町にはタバコを吸いながら歩く人であふれ、子供が集まるファミリーレストランでも多くの大人がタバコを当然のように吸っていました。
タバコを吸うのがカッコいい、そんな勘違いがあったのでしょうか。大人だけでなく中高生や中には小学生までが親の目を盗んで喫煙する姿もよく目にしました。
家や車の中でタバコを吸うのでその壁はヤニで真っ黄色、彼らの歯も黄色く汚くなり、洋服などにもタバコのニオイが染みついてしまっていました。

禁煙しましょう

時代の変化

しかし最近ではどうでしょうか?
テレビや映画で、主人公がタバコ吸ってキメている映像を見ることがほとんど無くなってきました。
町を歩いても特定の喫煙所以外は禁煙となり(それでも歩きタバコはなくなりませんが)、レストランもほとんどが禁煙、分煙となっています。
公共の場所はほとんど禁煙になり、近くでタバコを吸うと周りから白い目で見られたりしてしまいます。
しかも病院には禁煙外来なるものが登場し、健康保険を使って禁煙を助けてくれるのです。
何という時代の変化でしょう。

やっと喫煙による健康被害を認識し、禁煙を推奨する世の中になってきたのです。
遅すぎる感はありますが、それでもこれは良い流れです。

喫煙は本当に「百害あって一利なし」だからです。

タバコによる被害をなくそう

タバコは健康被害はもちろんさまざまな害をもたらします。
このサイトはそうしたタバコによる被害がら身を守るために作られました。喫煙される方もまた周りに喫煙する人がいる方も是非参考になさってください。

忘れないでください

喫煙は犯罪ではありませんが、犯罪級の害をもたらします。違法行為ではありませんが、確実に自分や周りの人の寿命を縮めます。

禁煙しましょう

あなたの肺はきれいですか?

あなたの肺はきれいですか?